わかとり
〒799-1504 今治市拝志7-14
TEL 0898-48-3074
午後5時 ~午後11時
毎週日曜・祝日定休

「ワールドプラザ」近くの評判店
 今治市の郊外にある、美味しさで評判のやきとり店。創業から30年という老舗だ。
 今治市街から県道38号線を桜井方面に進み、「ワールドプラザ」を少し越えると右側の駐車場ごしに料理屋風の店が見える。夜になると、赤ちょうちんが灯り、「わかとり」の名が染められた白いのれんが目印だ。
 店に入ると、調理場を取り囲むようにカウンター席があり、脇に座敷がしつらえてある。郊外にありながらも多くの客が訪れるのは、大将ご夫婦というご家族の対応の温かさのみならず、「皮」を中心とした美味しい鉄板やきとりが楽しめるためだ。

豊富なメニューに心が躍る
 この店の「皮」は、皮に多くの身が入り、カリカリした皮と柔らかな身の絶妙なバランスを織りなす逸品。さらに、この店自慢の品が「かわたま」だ。玉葱の甘さと鶏皮の旨さが混ざりあい、食べた人を至福の時間に誘う。
 「せんざんき」「やさき(心臓)」「きも」「とりねぎ」「つくね」「ピーマン焼」など、どれもが美味しい。焼き加減が絶妙で、甘辛いタレが食欲を醸しだすのである。
 メニューも多彩だ。「揚げ出し豆腐」などの居酒屋メニュー、「うどん」といった麺系メニュー、「雑炊」「とりめし定食」などのご飯系メニューも充実している。そうそう、カウンター脇にある水槽では、地元で獲れた魚が泳いでいる。「わかとり」では、やきとりのみならず新鮮な魚も味わえる。
 これらの料理がリーズナブルな値段で楽しめるのも人気の一因だ。

オリジナルのタレを販売
 「わかとり」では、お客から30年愛されてきた自慢のタレを商品化した。今治やきとり独特の甘がらたれで、焼き鳥はもちろん焼肉や生姜焼きのたれとして使える。また、野菜や魚介類との相性もよく、イカの照り焼き、野菜炒め、肉料理のソテーソースなど、素材の味を美味しく引き出してくれる。タレにキャベツを付けて食べるのも、今治やきとりならではの食べ方だ。
 今治物産協会のHPでも紹介されているが、黄色いラベルが貼られた「焼き鳥屋大将しょうちゃんの甘がら煮込みたれ」がレジの脇に置かれている。「わかとり」の味を家庭で楽しみたいなら、ぜひお試しいただきたい。

お店紹介TOPに戻る
今治やきとり盛り上げ隊

お問い合わせはこちら