十味鳥(とみどり)
〒799-2112 今治市波止浜3-2-20
TEL 0898-41-6309
午後5時 ~午後10時 毎週日曜日定休

波止浜にある、とっておきの店
 龍神社から波止浜港に向かう道の突き当たりを左に曲がれば「十味鳥」がある。少し分かりにくい場所にあり、タクシーでも迷うことがあるので、スマートフォン片手にナビしながら行くといいかもしれない。
 淋しい道ぞいにあるものの、店に入ると多くの人で賑わっている。カウンターと小さなテーブルは、人でごった返しているのだ。ほとんどが地元の常連さんというが、郊外店だとあなどれない味の店だ。鉄板焼きと炭焼きの二刀流で、素材に合わせて焼きを変えるのは、美味しいものをお客様に食べてもらいたいという大将のこだわりだ。
 大将が「十味鳥」を開いたのは40年前。関西の中華料理店や寿司屋で修行していたが、25歳の若さでやきとり店の経営者となった。当時の波止浜は、造船と海運の隆盛で賑わっていた。現在の通りには、映画館やキャバレーが並び外国人が徘徊して、異国の街角のような雰囲気だったという。「今はすっかり寂れてしもうた」と大将。
 でも、「十味鳥」さんに入ると、まだまだ賑わいが残っているじゃありませんか。

素材を活かす焼き
 最初のお通しは「小イカの煮もの」。大きな鉢に入った「サラダ」。次に「手羽先の唐揚げ」が登場した。それからは「すなずり」「きも」「豚バラ」「つくね」「しめじ」「えのき」「れんこん」と、どれも美味しい。あっさりとしたタレが素材の味を活かす。カウンターのケースに並ぶ串は、どれも新鮮なことを示すようにぷりぷりと張りがある。
 「美味しい」と大将に伝えると、「40年も仕事をしよるけん、気に入ってもろてよかったわい」との答え。
 美味しさに舌鼓を打って、支払いの安さにびっくり。「旨い」「安い」は、今治やきとりの代名詞なのである。

地元の人びとに支えられて40年
 その日限りの特別メニューもあり、閉店間近のお客様にお裾分けが配られることもある。「みんなに喜んでもらっての店やけん」と大将。
 壁に所狭しと貼られたお客様の写真が、地元の人たちに愛されていることを確信させる。とても楽しくて美味しい店であることは、間違いない。しかし、この店の味と雰囲気を味わうと、あまり人に知られたくない店だとも思う。

お店紹介TOPに戻る
今治やきとり盛り上げ隊

お問い合わせはこちら