居酒屋 てつ
〒794-0813 今治市松本町2-2-16
TEL 0898-24-2029
午後6時 ~12時 毎週日曜日定休

繁華街にできたやきとり居酒屋
 平成13年(2011)の年末、飲食店が居並ぶ松本町2丁目に誕生した居酒屋さん。お年を召した方なら、クラブ「カサブランカ」のあったビルといえばわかっていただけるだろうか。
 居酒屋ではあるものの、鉄板やきとりのメニューも豊富。「てつ」の店名は、「鉄板」に由来するかと思っていたが、ご主人の名前「哲也」からつけたという。ご主人と弟さん、奥さんを中心に若々しいスタッフが迎えてくれる。
 新鮮な魚や肉、季節の旬の食材を使った一品料理が中心だが、今回は無理をお願いして、「やきとり」を中心としたメニューにしてもらった。やきとり店で修行したわけではないが、やはり「餅は餅屋」。美味しい料理をつくりあげる腕の冴えは、やきとりにも生かされている。
 お財布にうれしいのが、飲み放題コース・2時間1500円(4名以上で前日までに要予約)があること。3500円と5000円コースは飲み放題付きというのもうれしい。季節にあわせて、そのときどきの旬の美味しさが楽しめる。

人気の秘密は素材へのこだわり
 今治スタイルの鉄板やきとりは、「皮」「せせり」「肝」「野菜焼き」など。素材の味わいを生かすよう、表面はカリッとしているが、口に入れるとジューシーな味が口のなかに広がる。もちろん「せんざんき」も他の店に負けない仕上がりだ。熱々の「せんざんき」を齧ると肉汁のうまさが伝わってくる。
 コースのなかに入っている「てつ鍋」もお薦めだ。モヤシやニラなどの野菜と肉を鉄鍋に入った醤油ベースのタレで煮る。野菜や肉にしっかりした味が染み渡り、やきとりの箸休めにぴったり。〆に、腰のあるウドンを入れれば、満腹間違い無し。もちろん、単品で頼むこともできる。

海鮮などのメニューも充実
 「やきとり」や「焼豚玉子飯」で知られる今治だが、市内を流れる来島海峡は潮流の速さから「日本三大急流」に数えられる。速い流れのなかで育った魚が美味しくないはずがない。
 瀬戸内海で捕れたばかりの小魚やエビがリーズナブルな値段で楽しむことができるのもうれしい。早めに店を閉めてしまうところが多いなか、午前3時(L.O.午前2時30分)まで開店していること。しかも今治のもうひとつの食の魅力である海や山の幸が豊富で、新鮮さにこだわっていることもうれしい。しかも、焼酎や日本酒の銘品が揃っているのもポイントが高い。
 やきとりの「皮」と「野菜焼き」にドリンクをセットにしたメニューを1000円で提供しようと考えているそうだ。このサイトがアップした際には、新しいメニューとして顔を出しているかもしれない。

お店紹介TOPに戻る
今治やきとり盛り上げ隊

お問い合わせはこちら