炭焼大宝(すみやきたいほう)
〒794-0027 今治市南大門町1-2-13
TEL 0898-22-8242
午後5時 ~午後10時45分 毎週日曜定休

市役所の近くにある炭火やきとりの名店
 伊予銀行今治支店の裏通りにあるやきとり店が「炭焼大宝」だ。間口は狭いが、カウンターと座敷(1・2階)がある。温かい白熱灯の光が降り注ぎ、やきとりの香りがあたりに立ちこめる。この店は今治にありながら、鉄板で焼かず、備長炭を使ってやきとり串を焼き上げる。その日の天候によって炭の加減が大きく違うので、火加減に気をつけないと美味しい串にならないと大将は語る。大将が寡黙なのは、火と串の加減を見守らなければならないから。手が空くと、カウンターで会話に花を咲かせることもあるというから、ひまな時間を狙って訪れるのもいいかもしれない。

新鮮な素材を活かす串
 注文したのは「おまかせコース」。その日のおすすめのやきとりをタレ・塩に関わらず集めた一皿だ。皮や豚バラ串、つくね、キモ、ねぎまなどが出てくるリーズナブルなセット。その日さばいた新鮮な鶏しか使わないのが、旨さの理由だそうだ。
 絶品は「モツ煮込み」。ミソの味が抜群で、心に染み渡る深い味。印象に残ったのは、タレの味。この複雑な味はどのようにしてつくるのだろうと思っていたら、その秘密を大将が教えてくれた。

修業先でもらった大切なタレ
 大将は海上自衛隊出身。きびきびとした態度は、若き日の修行の賜。隊を退いてから、大好きな炭焼やきとり店で修行し、今治に店を開いた。その際にもらったのが、60年寝かせたという修業先のタレ。もらったタレを大事に使いながら、注ぎ足し注ぎ足し、タレの歴史と味を損なわないようにしている。「タレの味には、店の歴史がしみ込むんです。だから大切に扱わないといけない」と大将。
 自衛隊の出身だからか、店内は掃除好きの大将が毎日ぴかぴかに掃除する。隅々まで清潔な店と厨房が大将の自慢だ。
 串の美味しさに日本酒が進み、気がついたら相当の量を飲み干していた。

お店紹介TOPに戻る
今治やきとり盛り上げ隊

お問い合わせはこちら