まる屋さん 世渡さん
たつ川さん ういちさん
わかとりさん はち八さん
たかはしさん 鳥林さん
風来坊さん 基さん
鉄火鳥さん てつさん
はしだにさん こっこ家さん
鳥やさん 越鳥さん
まるとみさん きく鳥さん

諸説ある「せんざんき」の由来
 「せんざんき」は、今治地方で食べられる鳥の唐揚のこと。この奇妙な名前には、さまざまな由来が語られています。
 藩政時代の人々が、近見山に生息していたキジ肉を使ったという「せんざんキジ」説がありますが、『今治夜話』『今治拾遺』『愛媛面影』など、今治藩に関する史書には、近見山にキジが生息していることは記載されているものの、「せんざんき」の記述はありません。
 近見山の麓に住んでいた千さんが考案し、キジを使ったという「千さんキジ」説もあります。『今治夜話』『今治拾遺』によると、今治の千さんは千利休の末裔で「千家の同姓、鳥生に在り」とあるものの、「せんざんき」についての記載は見つかりません。
 これらから判断すると、油を使った料理も地方では珍しく、もし「せんざんき」が江戸時代からの料理だとすれば、なんらかの証拠が残されているはずです。「せんざんき」が江戸自体からつくられていたという話は巷説であると判断せざるを得ません。
 鳥肉を千に斬って小さく切るので「千斬切」という説もありますが「せんざんき」に使う肉はぶつ切りで、小さくする「千に切る」という表現は似つかわしくないのではないかと思います。

「せんざんき」と「ざんぎ」
 これらの説の中から、一番信頼できる説はというと、「中国語」の読み方からきているという説です。中国語では、鶏肉を揚げることを「炸鶏」といいます。「せんざんき」は「炸鶏」料理のうち、「軟炸鶏」「清炸鶏」のことだというのです。
 北海道では、鶏の唐揚を「ざんぎ」といいます。遠く離れた地域で同じような名前がつくのは、基本的な動作や形状といった共通の理由が挙げられます。しかし、意味不明の料理名というのは、外国の料理が伝わったからという理由が多いのです。
 北海道の「ざんぎ」は、昭和12年(1936)に函館「陶陶亭」の中国人料理長がつくった「炸鶏」料理のこと。料理長が山東省出身のため、「ざんぎ」に聞こえたためだといいます。

スターが広めた「せんざんき」
 今治には、戦後間もなく「せんざんき」の店として繁昌店となった「スター」があります。「せんざんき」を食べようと、この店に長蛇の列ができたといいます。先代のお嬢さんにお話を伺うと、満州で中国人に料理を教えてもらったのですが、もともとの名は「センザンチー」だったといいます。「スター」の名物「せんざんき」が有名になったため、今治地域に料理が拡がったという可能性が大きいのではないかと思います。
 万人に好まれ、しかも調理が簡単な「せんざんき」が、家庭でもつくられるようになり、郷土料理として定着したのではないかと思う。美味しさとともに、不思議な名前が、人々の心を魅了したというわけなのです。
 多種多様な由来説ができたのは、興味をそそられる名前が原因です。人間の想像力は偉大だが、料理には迷惑この上ないものなのでしょう。

今治やきとり盛り上げ隊

お問い合わせはこちら